ちょっと真面目

お店のファン?価格のファン? – Vol.1313

今回はちょっと
堅めの文章になりますが
お付き合い頂けたらと思います

突然ではありますが

見込み新規顧客様
見込みリピーター様

最初からこれを
分けて考えているかが
その後大きく変わってきます

言葉をわかりやすく
言い換えると

利用してもらう事
利用し続けてもらう事

これの違いですね

実際に私達も
トライ&エラーを何度も
繰り返してきたのですが
何度も同じ過ちを
おかしてしまいます

これはあくまで当グループの例なので
全体でいえることではありませんが

「利用してもらう事」に全振りした
企画からのリピーター様は
ほぼゼロに近い数字です

利用してもらう為に
ハードルを少し下げることは
今でもやっておりますが

全振りというのは
無料券だったり極端な割引です

とある媒体さんが行う企画の
無料券配布での利用者様は

過去に2桁以上いるのですが
1名もリピーター様になりませんでした

その企画の時だけ
利用されるって層なのでしょう

そして極度な割引に関しては
ゼロではありませんが
リピート率は極めて低いです

企画前から
利用してくださったいた方が
その時は割引というケースでは
その後も利用いただいておりますが

新規利用がゲリラ的な
イベントだった場合
通常料金に戻した際の
リピーター様の割合は
ガクンと落ちます

つまりは

きっかけ作りと思い
行っている事が

たまたま
そこの層の方に響き

その時だけ
利用して頂いただけなのです

価格に魅力を感じた方は
女の子や店のファンではなく
価格のファンになる
傾向があるということです

これが一概に悪い
という事ではありません

電話本数を増やすため
女の子達にあと1本つけるため

時にはこういう施策も行う事は
必要かなとも思います

ただ

目先の売上だけでなく
長い目で考えていくのなら

価格のファンではなく
女の子や店のファン
いかになっていただけるか

そこに力を注いでいった方が
女の子もお店も結果的に
良い方向に進むと思います

「価格」ではなく「価値」
見て頂けるようになるため
日々精進してまいります

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です