日常

一度ホテルで働けば、どこへ行っても成功する。- Vol.1461

20年以上前に
出た本なんですが

大学生の時に出会って
何回か読み直してる
こちらの本

ふと思い出したので
再び手に取って見た

本を読むってのは
内容を記憶するって
ことではないので

毎回読むの
めちゃくちゃ早いです

タイトルと見出しで
気になった所だけ読む的な

そして1冊のたくさんの章から
1・2個感じ取るものが
あったらいいかなって読み方です

ビジネス系や金融系は
ストーリー重視ではないので

そして読む時によって
感じ取るものは違うので

また気になった時に
掘り下げて読むって感じで

辞書のような使い方
ってのが近いかもしれないです

あとは
これも読んだ!

(正確には目を通した)

自分カッケェっていう
モチベーションアップの
役割を担っています

本を読んでるって
なんかカッコいいじゃん笑

そういう
ファッション的な要素もあるけど

実際に得られているものが
1つでもあるので
いいかなと思ってます

定期的に文章に触れることで
言葉や言葉遣いも
忘れにくくなると思う

140文字以下のSNSだけでは
言葉知らない大人になってしまう

今回取り上げたこの本も
1つのキッカケになり

学生時代は
ホテルで働いていました

その時の経験は
今でも活かされています

ホテル接客を
デリバリーヘルス業界にも
活かしていきます

今後ともラヴィン富山を
宜しくお願い致します

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です